よくあるご質問

認定こども園ムロノキッズの特色は、どんなことですか?
本園は、横浜市内の住宅地域の中では珍しく隣接農園を持つ、という恵まれた自然環境を生かしたさまざまな体験型幼児施設です。また、昨今の女性の社会進出・社会復帰の機会への支援も込めて、延長保育(朝7:30~、終了18:30)を行っており、お母さまの就労の有無に関わらず、幼稚園に入園しやすい工夫を行っております。さらに、認定こども園型保育所(3〜5歳児は幼稚園児と同じ活動、同じ制服)を併設しており、0〜5歳児までのお子さまをケアしております。
具体的にどのような保育をしていますか?
朝の子どもたちが一番集中する時間に、一斉運動(「ベーシック」)と毎日の活動(「ディリー」)を行っています。午前中は、教諭の設定した活動を中心として、それ以降は自由遊びを中心として、バランスのとれたダイナミックな保育を実践しております。
お弁当のいる日は?給食はありますか?
幼稚園児(1号認定児)は、月曜と金曜が一斉給食です。この給食はケータリング方式で、暖かいご飯と汁物を配膳します。火・水・木は希望給食とお弁当の併用です。お弁当は、O-157予防対策のため、一年中保温器を使って温めております。プリスクールの園児(2号、3号認定児)は、園内の厨房で作成された給食を毎日食しています。
スクールバスはありますか?
現在、バス3台で合計6コースを走っております。1コースあたり30分程度で回るようルート設定を行っています。バス停については、近隣の迷惑にならないよう配慮して設定しておりますので、多少ご自宅からお歩きいただくこともございます。
入園時、どのくらいの費用が必要ですか?
制服・体操服(夏・冬)通園カバン・スモックなど、35,000円程度。教材費15,000円程度。
1号および2号認定児の保育料としては、どのような費用がかかりますか?
(1)基本保育料(月額)
毎年横浜市から公表される利用者負担額
(2)特定保育料(月額)
5,000円 (年少・年中・年長児とも共通です)
(3)英語保育料(月額)
12,000円 (年中児より。希望者のみ)
(4)バス協力費(月額)
42,000円 (利用者のみ)毎年7月に一括納入していただきます。
(5)空調費(年額)
6,000円 毎年4月に納入していただきます。
(6)給食費(1食)
350円 学期ごとにまとめて集金いたします。
(7)ICカード代1号認定児
1,000円
2号認定児
2,000円
※上記以外に別途実費徴収することもあります。
幼稚園・プリスクールを見学することはできますか?
例年7月以降に見学会を設定いたします。その他の機会としては、地域子育て支援事業の「ムロノキッズ」(2歳児の親子教室)及び「ムロノキッズBaby」(1歳児の親子教室)に参加していただく際や園庭解放時に少しの時間ですが、ご覧いただけます。
体験保育はできますか?
決められた日に幼稚園(1号および2号認定児向け)の体験保育があります。日程などはFacebookにてお知らせいたします。ご希望の方は電話にてご予約ください。
体験保育の内容は、絵本の読み聞かせ、親子の紙制作、親子の体操などです。実際の幼稚園がどのような雰囲気か理解していただくことができます。
アレルギー対策はしていますか?
入園前にお子さまの状況を事前にお伺いし、食物アレルギー(卵、牛乳、甲殻類、小麦など)に対応しています。どうしても対応できにくい場合は、お弁当を持参していただけます。また、その他のアレルギー(シックハウス、虫など)のアレルギーに対しても保護者とよく相談して対応するようにしています。
  • 英語保育
  • アクセス
  • アルバム
  • 園内風景